博多の保健師求人・転職情報

行政保健師とは

保健師には行政保健師、産業保健師、学校保健師の3種類があります。

 

その中で一番多いのが行政保健師で、保健師のほとんどがこの行政保健師として働いています。

 

行政保健師とは行政機関で働く保健師のことで、保健師の約7割を占めています。

 

行政保健師には2種類あり、1つは都道府県が設置した保健所で働く保健師、もう1つは地方自治体の保健センターで働く保健師です。

 

どちらも地域住民の健康と安全を図るという目的は同じですが、細かな仕事の内容は違いがあります。

 

行政保健師は、子育てや介護などで重要になっている保健や福祉分野の仕事を担っています。人々の健康で健やかな生活を守ることが、保健師の仕事になります。

 

都道府県の保健師は、その対象が都道府県民で、広域的で専門的な業務を行っています。

 

市町村が設置した保健センターで働く保健師は、その対象を市町村民としており、地域住民により密着した仕事となっています。

 

保健センターで働く保健師の方が、地域に密着した業務を行うことから、その地域に必要とされている仕事を柔軟に行うことが求められます。

 

最近では、法律の改正などの影響で、保健師の仕事の区別が曖昧になるようなケースも出てきています。

 

高血圧に効くサプリ